有酸素運動によるダイエットの注意点


有酸素運動を毎日の生活に取り入れるコツはどういったものがあるでしょう。

有酸素運動によるダイエットを特別に実践しなくても、日常の散歩や庭仕事など、1週間に1時間以上の軽度の運動でも、
年配の方に起こりがちな突然の心停止の発生頻度を下げる効果があるそうです。

心筋梗塞の可能性を減らすためには、毎日一定距離を散歩するだけでも高齢者は格段に差が出ますので、
冠動脈に発生しがちな動脈疾患を軽減するなら、有酸素運動ダイエットに取り組むことは有効でしょう。

運動が週1回以下の人では、週5回以上の人と比較して、突然死の確率が7倍にもなるそうです。

いつまでも健康で、ダイエットも成功させたい方には、有酸素運動を日常的にすることがおすすめです。

とはいえ、急激な運動で体に負担をかけすぎると、
運動中や運動後に突然死を起こす可能性が存在することも事実です。

循環器病をお持ちの方は、有酸素運動ダイエットを始める前に必ず主治医に相談しましょう。

食後1時間以上が経過してから有酸素運動をすることも、忘れてはならないポイントです。

狭心症や高血圧で午前中は危険だという人は、起きてすぐの運動はしないください、
そういった方が有酸素運動をする時は、布団を出てから1時間後くらいにしましょう。

有酸素運動でダイエット効果を得るには毎日続けることが大事ですが、無理をせず、
天気が悪い時や具合が悪い時はお休みすることも大事です。

有酸素運動のダイエット効果


酸素を取り込んで脂肪を燃焼させる有酸素運動は、ダイエット効果の他にも健康増進や心肺機能の強化など、様々な効果があります。

コレステロールの改善や中性脂肪の減少など、
有酸素運動で体の隅々まで血が行くようになる利点はたくさんあります。

有酸素運動には、高脂血症、高血圧、糖尿病などの危険因子の予防や治療効果が期待でき、
ほかにも、持久力をつけストレスを解消するといった効果が期待できます。

また、運動強度がきつい方がよりダイエットにいいと誤解している人が多いようです。

ですが、息を詰めて苦しい運動を一気にするより、酸素を体内に取り込みながら軽くともまとまった時間取り組む有酸素運動の方が、単位時間当たりのダイエット効果はあるようです。

1日1万歩を目標に、万歩計を腰につけてウォーキングに取り組んでもいいでしょう。

ひざや腰に負担のかからない有酸素運動をしたい方は、サイクリングや水中ウォーキングでの有酸素運動がいいでしょう。

現代人のライフスタイルでは、消費されるエネルギーよりも、食べるエネルギーが多い人がほとんどです。
余分な摂取エネルギーを消費するための努力が必要になります。

ダイエット効果を有酸素運動で得るには、1度に1,500キロカロリーは使う運動を1週間に3回以上行いましょう。

できれば、日々の生活習慣の中に有酸素運動の時間を折り込むことが、ダイエットには効果的です。

有酸素運動ダイエットとは


適度な有酸素運動は脂肪燃焼を促進し健康的なダイエットにいいですが、
有酸素運動とはどういった運動のことでしょう。

有酸素運動とは、酸素を消費し十分な呼吸を確保しながらできる運動で、
ウォーキング、ジョギング、スクワット、サイクリング、水中運動などのことです。

有酸素運動をすることによって、血液中にとけ込んでいる脂肪が酸素と結びついてエネルギーとして消費されます。
これにより脂肪の定着を防ぎます。

脂肪を効率よく代謝させることができるため、有酸素運動はダイエット向きと言われます。
すでに付いてしまった体脂肪は、血中脂肪の次に燃焼されます。

血中脂肪や体内に溜め込まれた脂肪を減らすためには、酸素を取り込みながら体内の脂肪を効果的に使っていく有酸素運動が適しており、ダイエットにいい理由にもなっています。

体内の脂肪を効果的に燃やすには、そのための酸素を取り込む必要があります。
ダイエット効果の高い運動をするためには、きつい運動によって呼吸もままならないほどの状態にならないように注意する必要があります。

脂肪が燃え始めて、ダイエット効果が出て来るのは有酸素運動開始後20分ぐらいからです。
日頃運動経験の少ない人は15分程度から始め、徐々に30分程度の運動が行えるようにしていきましょう。

有酸素運動を30分以上連続しても体が保つようになった方は、スピードを上げるなどして運動の強度を増やしてみてください。
いずれにせよ、無理のない範囲で長く続けられることが重要ですから、やや汗ばむ程度の運動を継続することに重点を置きましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。