有酸素運動によるダイエットの注意点


有酸素運動を毎日の生活に取り入れるコツはどういったものがあるでしょう。

有酸素運動によるダイエットを特別に実践しなくても、日常の散歩や庭仕事など、1週間に1時間以上の軽度の運動でも、
年配の方に起こりがちな突然の心停止の発生頻度を下げる効果があるそうです。

心筋梗塞の可能性を減らすためには、毎日一定距離を散歩するだけでも高齢者は格段に差が出ますので、
冠動脈に発生しがちな動脈疾患を軽減するなら、有酸素運動ダイエットに取り組むことは有効でしょう。

運動が週1回以下の人では、週5回以上の人と比較して、突然死の確率が7倍にもなるそうです。

いつまでも健康で、ダイエットも成功させたい方には、有酸素運動を日常的にすることがおすすめです。

とはいえ、急激な運動で体に負担をかけすぎると、
運動中や運動後に突然死を起こす可能性が存在することも事実です。

循環器病をお持ちの方は、有酸素運動ダイエットを始める前に必ず主治医に相談しましょう。

食後1時間以上が経過してから有酸素運動をすることも、忘れてはならないポイントです。

狭心症や高血圧で午前中は危険だという人は、起きてすぐの運動はしないください、
そういった方が有酸素運動をする時は、布団を出てから1時間後くらいにしましょう。

有酸素運動でダイエット効果を得るには毎日続けることが大事ですが、無理をせず、
天気が悪い時や具合が悪い時はお休みすることも大事です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。