有酸素運動ダイエットとは


適度な有酸素運動は脂肪燃焼を促進し健康的なダイエットにいいですが、
有酸素運動とはどういった運動のことでしょう。

有酸素運動とは、酸素を消費し十分な呼吸を確保しながらできる運動で、
ウォーキング、ジョギング、スクワット、サイクリング、水中運動などのことです。

有酸素運動をすることによって、血液中にとけ込んでいる脂肪が酸素と結びついてエネルギーとして消費されます。
これにより脂肪の定着を防ぎます。

脂肪を効率よく代謝させることができるため、有酸素運動はダイエット向きと言われます。
すでに付いてしまった体脂肪は、血中脂肪の次に燃焼されます。

血中脂肪や体内に溜め込まれた脂肪を減らすためには、酸素を取り込みながら体内の脂肪を効果的に使っていく有酸素運動が適しており、ダイエットにいい理由にもなっています。

体内の脂肪を効果的に燃やすには、そのための酸素を取り込む必要があります。
ダイエット効果の高い運動をするためには、きつい運動によって呼吸もままならないほどの状態にならないように注意する必要があります。

脂肪が燃え始めて、ダイエット効果が出て来るのは有酸素運動開始後20分ぐらいからです。
日頃運動経験の少ない人は15分程度から始め、徐々に30分程度の運動が行えるようにしていきましょう。

有酸素運動を30分以上連続しても体が保つようになった方は、スピードを上げるなどして運動の強度を増やしてみてください。
いずれにせよ、無理のない範囲で長く続けられることが重要ですから、やや汗ばむ程度の運動を継続することに重点を置きましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。