肌を保湿する際の注意点について


適切な洗顔料と洗顔方法で顔を洗うことが、肌の保湿力アップには欠かせません。

起床時の洗顔は、軽くパシャパシャと洗うことで、肌にいい刺激を与えることができます。

夜の洗顔は、朝のように強い刺激を肌に与える必要はありませんので、優しく全体をカバーするように洗顔料を使い、顔を両手でそっと覆ってハンドマスク効果で保湿力を高めてください。

顔の保湿のためのお手入れは、洗顔直後に行います。
顔の保湿だけでなく、体全体のお肌の保湿もお風呂の入り方を工夫することで実践可能です。

まず、お湯の温度は高すぎないようにしましょう。
また、体を洗う時は、ボディブラシやナイロンタオルなど肌より固いものでこすりすぎないようにしてください。

肌に必要な角質層なども剥がれ落ちてしまいます。
石鹸を軽く泡立てた手やガーゼで、優しく洗ってあげることが大切です。
保湿性の高い入浴剤も販売されていますので、使ってみてもいいでしょう。

入浴後の肌は水分を含んで潤っていますので、水分が飛んでしまう前に保湿にいいローションやオイルを使います。
日頃から保湿ケアを続けていくことが、先々の肌のコンディションを維持する役に立ちます。

化学繊維の服は静電気の原因となります。
静電気が発生すると肌が乾燥している部分はかゆくなってしまうことがあるので、
冬などは木綿やウールがいいでしょう。

また空気の乾燥に注意し、加湿器などを上手に使いましょう。

さらに適度な運動は新陳代謝を高めるとともに、発汗を促進して、お肌に保湿を与えます。

スキンケアで外側から肌の保湿をするだけでなく、運動や食べ物の見直しからも保湿力を高めましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。