ワキ脱毛の方法


エステでのワキ毛脱毛方法にはどういったものがあるでしょう。
まず考えられるものが、ニードル脱毛です。

針脱毛の場合、針の痛みと燃焼の痛みが強く、また1本処理するごとに15秒程度かかる脱毛方法です。

ワキの脱毛だけなら広さはさほどではありませんが、針脱毛ではかなり時間がかかってしまいます。
肌へのダメージとしては、赤みが出たり、肌を傷つけたりする場合があり注意が必要です。

30回程度の通院を見込んでおく必要もあり、
痛みがあり、時間も回数も必要なため、針脱毛にはそれなりの覚悟が必要です。

現在、エステのワキの脱毛で最も多いのはレーザー脱毛方式です。
ただし、医療用レーザーでワキの脱毛処理をする時は強い痛みを伴いますので、3〜4本程度の処理を1回に行うことになります。

照射面が狭いため、両ワキを処理するには30分程度かかります。
肌へのダメージも全くないとは言い切れず、人によっては医療レーザーで肌が赤くなってしまうという人もいますので肌が弱い人は注意してください。

医療レーザー脱毛は、針脱毛よりは手軽に受けられる方法と言えます。
アールズ方式は、この頃使われるようになった新開発の脱毛方法です。
アールズ方式は肌に光をあてることで行う方法ですが、痛みがマイルドで肌への負担が小さく、
広い範囲に照射可能で1度に80〜150本の脱毛が可能となります。

アールズ脱毛は痛みの軽減や施術にかかる時間という面で優れており、肌への刺激も小さく済みますので、
数あるワキ脱毛の中でも最も長所の多いやり方といえるのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。