上腹部とわき腹のおなかダイエット


最近太り気味の私は、へその上やわき腹に付いた脂肪が非常に気になりだしました。
そこで、運動をすることに決めました、でも、きつい運動は嫌!!。

そこで、簡単で永続きする運動方法は無いかと考えてみました。

椅子に軽く座って背をまるめ、あごを引いて足を揃えた姿勢になりましょう。
椅子の背もたれから5cmほど手前まで上体を倒し、そのまま4秒間我慢しましょう。
姿勢をキープしている間上腹部に確実に力が篭もっているかどうか、手のひらをあててチェックします。
この姿勢のまま上体をゆっくり起こして1セット。
1回5〜10セットを目標に、こまめに行うのがおなかダイエットのポイントです。

スペースに余裕があれば、仰向けになってするおなかダイエットも上腹部ダイエットにおすすめです。
仰向けで腹の上に手をつけます。

背を少し屈めながら、顎を引いて腹筋だけで上体を静かに起こします。
おなかの筋肉に力が込められていることを手のひらでチェックしながら、4秒キープします。
完全に起こそうとすると、上腹部以外の筋肉に負担がかかるので注意しましょう。
肩が床からやや浮いている位の距離がベストです。

浮かせた体をゆっくりと戻して1セットとし、5〜10セットを1回に行うようにします。
おなかダイエットには、わき腹の運動もあります。

手を肩と同じ高さにまっすぐあげた上体で、肩幅程度に足を開き、浅く椅子に座って行います。
このまま上体だけをゆっくりひねり、椅子の背もたれを両手でつかみます。

この姿勢を4秒間キープしたら、4秒かけて基本の姿勢に戻し、同じ要領で反対方向へ。
右と左に上半身を1回ずつ回して、1セットとします。

これを5〜10セット行います。こういった運動なら、長続きするのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。